トップページ > 診療案内 > 消化管疾患(上部・下部)、胆道疾患、膵疾患

消化管疾患(上部・下部)、胆道疾患、膵疾患

h1_bottom
 癌などの早期発見を目的にハイビジョン画像システムやNBI(narrow band imaging)を併用した内視鏡検査を積極的に行っており、質的診断に役立つ拡大内視鏡・超音波内視鏡の併用も可能となっています。症例によっては患者様の苦痛軽減のため、経鼻内視鏡も行っています。
 内視鏡治療では、食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・静脈瘤結紮術、消化管出血止血術、消化管内異物除去、消化管狭窄治療、早期食道癌および早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術・アルゴンプラズマ及びレーザー焼灼術、胆膵疾患に対する砕石術・胆道ドレナージ、早期大腸癌・ポリープの内視鏡的治療等の様々な治療を行っています。最近は早期食道癌・早期胃癌・早期大腸癌に対する新しい内視鏡的切除術である内視鏡的粘膜下組織剥離術(ESD)の件数が増えています。
 ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎・消化性潰瘍・早期胃癌内視鏡治療後等に対するヘリコバクター・ピロリ除菌療法、炎症性腸疾患診療、食道・胃・胆道・膵癌の化学療法にも積極的に取り組んでいます。
 また、特殊検査として小腸内視鏡・カプセル内視鏡、膵疾患及び消化管粘膜下腫瘍などに対して超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)、特殊治療として膵石に対しては体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)を施行しています。
 患者さんにとって最も良い治療法を検討するために定期的に外科・放射線科との合同カンファレンスも行っています。



ページトップ