トップページ > 診療のご案内・診療実績 > 実験室紹介

実験室紹介

h1_bottom

<LAS-3000 mini>

<LAS-3000 mini>
機械の名称はLAS-3000 miniです。
一般名称は「ルミノイメージアナライザー」で、化学発光を検出して写真に収める機械です。Western Blottingに使用してます。

<PCRマシン>

PCR(Polymerase Chain Reaction:ポリメラーゼ連鎖反応)法は微量な遺伝子(DNA)を増やすことができる技術です。その増幅した遺伝子を解析し、診断などに活用します。

<リアルタイムPCRマシン>

リアルタイムPCR法は、PCR増幅産物の増加をリアルタイムでモニタリングし、解析する技術です。従来のPCR法に比べて、正確な定量が迅速かつ簡便に解析できる利点があります。遺伝子発現解析やSNP解析に活用します。

<蛍光顕微鏡>

蛍光顕微鏡は、蛍光色素や蛍光タンパク質を標識に用いて、細胞の特定の部位やタンパク質を観察する装置です。
蛍光を用いることで高い検出能力が得られます。また細胞を生きたままの状態で観察することもできます。

<クリーンベンチ.

細胞などを取り扱う際は無菌的な作業環境が必要です。
そのため内部を陽圧にすることで空気を外に押し出して無菌状態をつ くるクリーンベンチを使用します。



ページトップ