トップページ > 医学生・研修医の皆様へ > 先輩医師からのメッセージ

先輩医師からのメッセージ

h1_bottom
細田 康平

細田 康平


 私は2010年に近畿大学医学部を卒業し、鳥取大学医学部附属病院で初期研修を終えた後、出身である米子で消化器内科として診療に携わりたいと考え、鳥取大学医学部附属病院・第二内科に入局しました。
 米子出身ではありましたが、他大学を卒業して鳥取大学で診療することについて大学内の雰囲気などが分からず、少し不安なこともありました。しかし、初期臨床研修として第二内科を研修した時から医局員が多く、また医局の雰囲気も非常によいことも知ることができたため、入局を決めました。入局後もその雰囲気は変わらず、普段の診療や研究のことを含めて先輩の先生方に気軽に相談することができたり、仕事以外でも様々な楽しいイベントがあることなど充実した日々を過ごすことができ、他大学からでも第二内科に入局してよかったと感じています。皆さんとも一緒に働けるのを楽しみにしています。
森尾 慶子


森尾 慶子


 平成23年度卒、森尾慶子と申します。当科では、初期研修2年間の後に関連病院で2年間研修をし、検査・処置ならびに消化器疾患の診断・治療について学びます。私は大学院生として平成27年から帰局し、大学病院で勤務しています。当科では消化管・胆膵、肝臓、腎臓と大きく3つのグループがあり、帰局時に自分の進路を決定します。私は、兼ねてから希望していた消化管・胆膵グループに所属し、内視鏡処置、癌診療など幅広い症例を学び、大学院研究や学会発表・資格取得の準備等に勤しんでいます。まだまだ勉強不足、技術不足でくやしい思いばかりですが、毎日多くの刺激を受け充実した日々を送っています。入局を考えている学生、研修医の皆様、一緒に学び仕事ができる日を楽しみにしています。興味がある方は、是非一度見学にいらして下さい。
高田 知朗


高田 知朗


 このページをご覧になっている方は、少なからず第二内科へ興味をお持ちのことと思います。
 まず、医学生のみなさんは、クリニカルクラークシップを通して、第二内科が担当する領域が把握できてくると思います。しかし、ごく限られた期間の実習では、将来自分が希望の診療科で医師として働く姿をイメージすることは容易ではありません。ぜひ実習中に研修医の先生や大学院生などロールモデルを見つけ、マッチング先の研修病院にとどまらず、一歩進んだ視点を持って将来像を見据えた選択をして欲しいと思います。
 次に研修医の先生方、初期研修の2年間は大変貴重であり、この期間に様々な症例・経験を積む事と思います。いわゆるcommon diseaseの診療をこなすのみではなく、稀な疾患の診療にあたり、文献を読み複雑な病態をじっくり考察することは、将来難しい症例に遭遇したときに大きな力となります。また専門医取得の過程においても希少疾患の診療は不可欠となってきます。そして初期研修で何よりも大切なのは、先の内容とも重なりますが、良き指導医と出逢うことです。私も実際、初期研修の際に尊敬できる指導医の先生と出逢うことができ、第二内科への入局を決めました。
 第二内科は消化器内科と腎臓内科を有しており、私は入局後まずは地域の関連病院で内視鏡検査・処置ならびに消化器疾患の治療を中心として内科全般の診療にあたりました。4年目には関連病院で腎疾患の研修を行い、透析療法に関しては透析管理からシャント作成についても学びました。その後大学院生として大学病院で腎臓領域の研究および診療を行いました。基礎研究・臨床研究を通して論文を自ら完成させることで、医学文献の理解により一層深みが増します。大学はそのような力を磨く機会を与えてくれる場でもあります。診療においては、大学病院の透析は腎臓内科が担っています。複数の診療科と共に診療にあたることになり、幅広い知識が要求されます。また、腎疾患は膠原病や内分泌疾患および循環器疾患などとも深く関わっています。腎臓という窓を通して全身を診るのが腎臓内科です。第二内科には、消化器内科・腎臓内科ともに非常に熱心な指導医がたくさんおり、研修医の先生方の成長に必ずつながるものと思います。  最後に、第二内科には医局旅行、レガッタ、花見、野球大会など多くのイベントがあります。学内でも抜群のチームワークの良さ、アットホームな雰囲気は第二内科の大きな魅力の一つですので、ぜひ実際に肌で感じてみて下さい。みなさんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。




ページトップ