トップページ > お知らせ > 2016/11/12-13 活動報告

2016/11/12-13 活動報告

h1_bottom

岡山で第106回日本消化器病学会中国支部例会と第117回日本内視鏡学会中国支部会が合同開催されました。

永原 蘭先生が「経皮的血管形成術により食道静脈瘤により食道静脈瘤およびうっ血肝が著明に改善した Budd-Chiari 症候群の1例」について発表し、消化器病学会中国支部専修医奨励賞を受賞しました。

法正先生が、鳥取県の女性消化器内科医の現状
武田先生が、
IPMN/IPMC診断における合成セクレチン負荷膵液細胞診の有効性と安全性

斧山先生が、超音波内視鏡下生検にて診断し得た右副腎骨髄脂肪腫の1
岩本先生が、
EBLにて止血を得た大腸憩室出血の2
菓先生が、左副腎腫瘤に対する
EUS-FNAが治療方針決定に有用であった肺癌の2
孝田博輝先生が、
EUS-FNA後に胃壁に波及する膿瘍を形成し外科的切除を必要とした一例
山根先生が、肝細胞癌破裂後に長期生存が得られている1例

について、それぞれ発表しました。




ページトップ